京都府立大学 生命科学研究科 応用生命科学専攻 環境計測学研究室のホームページ

卒業・修了論文

  • HOME »
  • 卒業・修了論文

 

卒業年度
名前
論文テーマ
資料
2016 大石桃未 TOF-ERDAにおける深さ分解能向上のためのエネルギー広がりに関する研究 発表資料

要旨

梶取悠太 TOF-ERDAによる酸素の検出感度測定 発表資料

要旨

西澤大輝 マンガン鉱山跡周辺土壌における元素濃度測定 発表資料

要旨

最上直樹 茶葉中のアルミニウムとフッ素の濃度変化 発表資料

要旨

山下 哲 番茶中のAlの濃度測定 発表資料

要旨

2015 猪原 壮一朗 PIXE スペクトル解析ソフトSAPIX のC 言語への移植とGUI プログラムの実装 発表資料

要旨

上田 敬哉 マンガン鉱山跡下流における土壌の元素濃度測定 発表資料

要旨

辻野 博貴 TOF-ERDA 用透過型検出器の検出効率向上のための研究 発表資料

要旨

箱田 皓司 PIGE 法を用いた茶葉中のアルミニウムとフッ素の同時濃度測定 発表資料

要旨

藤木 健裕 TOF-ERDA 用大面積透過型検出器の開発 発表資料

要旨

2014 飴田恵理 PIXE測定用の散乱粒子除去装置の製作 発表資料

要旨

小野将嗣 成長に伴う茶葉中のフッ素濃度変化 発表資料

要旨

高田修次 FPGAを用いた Time to Digital Converter の開発
宅間雅代 PIGE法による茶葉中のアルミニウム濃度測定 発表資料

要旨

松井智香 Cr 中性粒子に対する MCP の検出効率低下の原因
~電子捕獲により生成した中性粒子の散乱~
発表資料

要旨

山本翔也 PIXEスペクトル解析ソフトSAPIXのC言語への書き換え 発表資料

要旨

藤井佑輔 ネットワークとラズベリーパイを用いた温度計測システム 発表資料

要旨

2013 小島直人 1S0準安定状態Kr2+イオンの放射寿命に関する研究 発表資料
要旨
辰巳佳美 マンガン鉱山跡周辺のシダ中と土壌中のマンガン濃度の相関 発表資料
要旨
藤原嗣久 μ-PIXEを用いた茶葉の表皮細胞のAl分布測定 発表資料
要旨
村山尊紀 Cr中性粒子に対するMCPの検出効率低下の原因解明 発表資料
要旨
吉田泰輔 PIGE法を用いた茶葉のフッ素濃度および分布の測定
2012 池辺圭太 静電型イオントラップを用いた1S0準安定状態のAr2+イオンの放射寿命測定 発表資料
要旨
小林寛 マンガン鉱山跡付近を流れる大谷川の土壌中のマンガン濃度分布 発表資料
要旨
中村博美 土壌マンガン濃度と植物マンガン濃度の関係性 発表資料
要旨
西岡涼 ブラウン管電子銃を用いたイオン源の製作 発表資料
要旨
2011 市川志巧 クロム中性粒子に対するマイクロチャンネルプレートの絶対検出効率測定 発表資料
要旨
嶋貫朝美 酸性度の異なる土壌で育ったソバの葉のアルミニウム濃度測定 発表資料
要旨
野谷岬旦 新大谷鉱山周辺土壌の深さ方向に対するマンガン濃度分析
2010 安達泰之 タングステン中性粒子に対するマイクロチャンネルプレートの検出効率測定 発表資料
要旨
糸井駿 PIG型コールドカソードイオン源の性能評価 発表資料
要旨
魚森駿也 茶葉の成長に伴うアルミニウム濃度の変化 発表資料
要旨
新尚子 アジサイ科植物のAl濃度測定 要旨
中山卓士 加速レンズを用いた静電型イオントラップの性能向上 発表資料
要旨
西村ゆりえ 高エネルギー化を目的としたイオン加速装置の製作 発表資料
要旨
山口修平 PIXEスペクトル解析ソフトSAPIXの移植 発表資料
要旨
吉田祐一 マンガン鉱山近くを流れる大谷川周辺土壌のマンガン濃度分析 発表資料
要旨

修士論文

修了年度
名前
論文テーマ
資料
2015 小島直人 静電型イオントラップを用いたKr2+,Ar2+1S0準安定状態放射寿命に関する研究 発表資料

要旨

藤原嗣久 マイクロビームを用いたPIXEとPIGEによる茶葉中の多元素同時分布測定 発表資料

要旨

2012 糸井駿 静電型イオントラップを用いた1S0準安定状態にあるKr2+イオンの放射寿命測定 発表資料
要旨
魚森駿也 茶葉の成長に伴う元素濃度および分布変化のμ-PIXE測定 発表資料
2011 甲斐裕章 加速レンズのイオントラップにおける蓄積性能に及ぼす効果に関する研究 発表資料
要旨
高橋直也
2010 高橋希佳 μ-PIXE法による茶葉の二次元元素マッピング

以前の論文テーマはこちら

PAGETOP
Copyright © 環境計測学研究室 -京都府立大学- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.